【2018年度版】通販物流サービス代行会社の比較ランキング!

トップページ

選ばれるポイント1 安い料金で利用できるかどうか

 

利用のための料金が高ければ、それが影響してネット通販会社の利益が少なくなるか、最悪、赤字になる可能性があるのため、料金が安いかどうかはかなり重要なポイントです。

選ばれるポイント2 商品を置くスペースが十分にあるかどうか


扱うものが何かにより、必要な倉庫のスペースの広さは変わりますが、商品を置くスペースを事前に確認しておくことは必ず必要です。

できれば、事前にスペースの広さを正確に計測したいところです。スペースの広さがちょうど良ければ、倉庫内の管理もしやすくなります。

選ばれるポイント3 会社と倉庫の距離が離れ過ぎていないかどうか


会社の事務所等と倉庫の間の距離が遠ければ、移動などが面倒になり、時間のロスが発生します。

そして、時間のロスにより会社の利益が減ることが考えられます。

できれば、倉庫の中に会社の事務所があるとかなり便利で効率が良いです。

また、倉庫周辺の道路などの交通の便が良いかどうかも重要です。

交通の便が悪いと、これも時間のロスに繋がります。

選ばれるポイント4 信頼できる人間から紹介されたところか

class=”aligncenter size-full wp-image-512″ />
いくらよい倉庫を紹介されたとしても、信頼できる人間の紹介でないと安心できません。

倉庫の利用のためには、おそらく契約をすることになりますが、信頼できない人間が相手だと、契約内容を巡って後でトラブルが起こる可能性があります。

倉庫を選ぶ前に、紹介などをする人間もよく見ておく必要があります。

選ばれるポイント5 建物が老朽化していないか


建物が老朽化していると、高い費用を使って直す必要がある場合があります。

また、すぐに直す必要がないとしても、長く利用する場合は、結局後から直す必要が出てきます。

できれば、新しい建物の倉庫を利用したいところです。

おすすめの物流業者ランキング

1位 通販物流ドットコム


1988年に創業し、今年で30年目を迎えます。東京都大田区に本社を持ち、東京都品川区と埼玉県深谷市の2か所に物流倉庫を構えています。

現在までに2742社と取引があり、97%という高い継続率を維持しております。

資本金は45000000円で、従業員は120名です。

三井住友銀行やりそな銀行、みずほ銀行などの国内主要バンクと取引をしています。

首都圏や関東だけではなく、日本全国への発送が可能です。無理な売り込みは一切行いません。

 

2位 イーロジット


2000年に創業した物流代行会社で、現在だけで約300社の通販物流を代行する豊富な実績を持っています。

物流代行だけでなく、その実績を活かしたセミナーや本の出版を頻繁に行っている他、コンサルティングサービスや研修サービスも展開しています。

通販物流代行についても薬事対応を始めとした幅広い荷物に対応し、最新鋭の専門機器も豊富に導入しています。

オムニチャンネルの立ち上げや越境ビジネスを新たに検討しているような通販事業者にも最適です。

 

3位 EC物流ドットコム



EC物流ドットコムは東京を本社に、ほか2か所に拠点を置く会社になります。

昭和63年10月13日に設立され、この28年間でネット通販会社を中心とした167社との取引契約があり、商品の保管だけでなく発送までをも業務としています。

倉庫面積が約2000坪と非常に広く、セキュリティ対策もセコムにより万全な運営を行っています。

プライバシーマークも取得しておりお客様の個人情報対策はもちろん、通販会社の継続率も97%と非常に高く、双方からの信頼も得られる会社となっています。

 

4位 鈴与


鈴与は1801年創業の歴史ある企業です。現在の鈴与は物流サービスと通販フルフィルメントサービスを主に提供しています。

鈴与は全国120カ所に物流センターを持ち、物流サービスの効率化に尽力しています。

そのほかには、化粧品製造業許可を取得して、特に海外化粧品輸入事業をフルライン提供できる点を強みとしています。

顧客のニーズに応じてカスタマイズした加工サービスも人気です。

鈴与の平成29年8月期の売上高は1,189億円超です。
 

5位 清長


当日出荷、最短翌日配送も対応可能です。

当日入荷、当日出荷のいわゆるスルーセンター物流にも対応が可能です。バーコード管理により、リアツタイムに在庫確認が可能で、商品のトラッキングが可能です。

アパレル、雑貨、ジュエリー、PC周辺機器などさまざまな商品の品質検品についてノウハウを保持しております。

返品された商品をスピーディーに良品在庫に戻す対応は、企業イメージのためにも優先的に実施します。難易度の高いギフトラッピングも可能ですので相談ください。

高級品におけるシリアル番号管理も対応可能です。
 

6位 サイテキ


株式会社サイテキは平成23年1月に設立し、東京を本社に3つの物流センターを設けてEC 事業の全体最適化やEC 事業のコスト削減サービスを業務としています。

安さに自信を持ち、自社が最安値価格で提供することを約束するとともに料金比較を行ってくれるので、最善なプランで契約することが可能になります。

モノの流れを理解しているからこそできることであり、物流会社の本質を知り尽くしているので、なんでも任せられる会社です。

 

7位 コネクトロジ


東京を本社とし、国内に4社と中国にも2社置くグローバル化にも力を入れています。

創業は2007年2月14日で、グループ全体では276名の従業員をもちます。

8000社以上の大手有名企業との取引があり、業務の場を徐々に増やしている今後の活躍にも期待できる会社になっています。

専門性に従事したスタッフばかりで、顧客の要望にあったシステム提供が可能で双方にもメリットが期待できます。

売り上げの貢献にも親身になってくれる会社です。

 

8位 ヤマトロジティクス


全国の隅々まで張り巡らされているヤマトの配送ネットワークにより、最短4時間でお届けします。

物流センターで一括で商品を管理しているので、在庫管理や受注からお届けまでスピーディです。

24時間休みなくいつでも受注と発送ができて、商品のご自宅までお届けやコンビニ受け渡しなど多様な受け取りも可能です。

商品に破損や故障があった場合、商品の受け取りから修理の代行、お届けまでも行います。もしもの際の保証延長サービスもあります。
 

9位 通販フルフィルメントサービス.com


三越伊勢丹ホールディングスを母体とする物流代行サービス会社です。

全国に拠点を持ち、産地や配送地域に合わせて荷物を管理する拠点を柔軟に選択することができます。

配送は、365日対応が可能です。

対応している荷物は、アパレルと食品に特化しています。

アパレルについては、お直しや不良品対応も可能な他、X線検針などの最新の検査設備も有しています。

食品については、4温度帯での食品管理が可能で、各種食品取扱のための専門資格も保有しています。

大手百貨店が母体となっているため、高品質なサービスが期待できる会社です。
  http://tsuhan-fulfillment.com/

10位 東陽倉庫


1926年、旧名古屋倉庫と旧東海倉庫が合併し東陽倉庫を設立。

日本国内で貨物の保管、荷役、運送、その他付随業務などを主な業務とする物流会社です。

スーパーマーケットなどの各店舗向けにカードピッキングシステム、シールドピッキングシステム、ソーターを駆使し、365日24時間体制で、必要なときに必要な量の商品の配送などを行う仕組みが既に完成しています。

そのノウハウを活かし、流通センター管理・運営など物流マネジメント業務を包括的に支援可能です。

 

11位 丸八倉庫


昭和9年に設立された大変歴史のある企業で、東京証券取引所第二部に上場中でもある中堅物流会社です。

資本金は25億2760万円、東京都江東区に本社を構え、宮城県と千葉県、東京都、埼玉県内に営業所があります。

三菱UFJ銀行、みずほ銀行、商工中金、三井住友銀行の提携のもと、その事業内容は多岐にわたり、通販物流分野だけではなく文書保管やオフィス機器、不動産事業など多方面に業務展開中です。

長年の実績から、物流システムはすでに構築済です。

 

12位 SBSロジコム


昭和15年1月26日に設立され、部流会社として誕生しました。

長い歴史を経て、従業員数5,108名と大きな企業へと発展し、現在では環境保全やコスト削減に力を入れ「SBSロジコム株式会社」として今に至っています。

車両数1151両と多くの運送トラックを保有し、物流だけでなく、事業の引っ越しやネット通販の在庫管理などにも力を入れ、様々な会社の役に立てる企業になっています。

取引先も徐々に増えており、これからの時代に大いに活躍できる会社になっています。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする