通販物流とは


通販物流倉庫とは、ネット通販会社から委託を受け、商品の入庫や管理、発送などを請け負う会社のことです。

近年、ネット通販会社は飛躍的に増えましたが、全ての会社が自社倉庫を持っているわけではないですし、通販物流倉庫に委託することで業務の効率化を図ることができます。

通販物流倉庫が行うビジネスは主に入荷・在庫管理や保管・梱包・発送・各物流倉庫独自のサービスの5つが挙がります。

サービス1 入荷


ネットショップの取り扱い商品はたとえ大きな荷物ではなくとも膨大な商品数であり、それらをネットショップのスタッフの方たちがトラックの荷降ろしをしていたのでは業務に支障が出ます。

そこでトラックの荷受けや、専門の設備をもつ通販物流倉庫が請け負うというものです。

サービス2 在庫管理・保管


通販物流倉庫に委託する大きなメリットのひとつです。

ネットショップのお店はビルの一室という会社も多くあり、商品の在庫保管や検品を行うことが難しくなってしまいます。

しかし、倉庫であれば在庫管理するために倉庫という大きな施設を活かして商品をわかりやすく保管でき、専任の倉庫スタッフが検品などの在庫数量の管理を定期的に行ってくれますので、ネットショップの運営の効率化を図ることができます。

サービス3 梱包


商品が売れた際、荷物をまとめて発送しなければなりません。

倉庫にはピッキングのスタッフが数多くいるため、商品数を間違えることなく、用意することができます。

また、この商品を詰めるダンボールもネットショップが各自用意していたのではコストがかかります。

そういった備品を発注する手間なく販売が行えることもメリットです。

サービス4 発送


物流倉庫が請け負うことで間違えることなく日々膨大な発送業務を行うことができ、物流倉庫であれば個人店で配送することに比べ発送量が多いため、配送業者から割引料金で発送を行うことができるのでコスト削減を行うことができます。

サービス5 各物流会社独自のサービス


通販物流会社では各社独自のサービスとして、物流会社としての目線から販促業務の提案を行っていたり、返品対応等を行っています。

ネットショップにアップロードするための写真撮影の代行を行っている会社もあり、ネットショップの業務の効率化や負担の軽減のための様々なサービスを行っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする